目だけでなく体のためにもレーシックが必須となる

白いカードを持つ医者
このエントリーをはてなブックマークに追加

乱視を改善

頬を触る女性

視力低下によって視界がぼやけて見えてしまうということがありますが、他にも乱視といった症状に悩まされている人も少なくありません。このような症状もレーシック手術によって改善することが出来るのです。なお、通常の手術とは異なってレーザー照射の他に、治療用レンズを目の中に埋め込んでいきます。乱視を矯正する効果をもつレンズとなっており、通常の手術とは費用が高めに設定されていますが、視力矯正と合わせて治療を受ける人も少なくありません。これらを通して快適な視界を得ることが出来るのです。

乱視を改善する効果を持つ視力矯正の治療では、目に負担をかけないように角膜を削らないためのレーザーを導入しているところもあります。このようなレーザーは、角膜が薄いというような人でも安全に照射することが出来ます。そのような効果を持つレーザーのひとつとしてあげられるのがICLとなっており、多くの眼科で導入されるようになっています。レーシックの手術後に現れがちな目の乾きも、ICLならこのような症状がありません。ドライアイによって視界がぼやけてしまうので、日常生活でも様々な影響を与えてしまいますが、これらの症状がなければ手術後でも日常と変わらない生活を送ることが出来ます。費用の安さで決めるというより、自分の体質や生活環境に合っている手術方法を選んでおいた方が最も良いと言えます。また、眼科でもこのような相談に対応してくれる医師がいれば、なお安心といえるでしょう。